太陽光発電が収益生む理由|不動産投資セミナーで知識を盗め|将来を開拓しよう

不動産投資セミナーで知識を盗め|将来を開拓しよう

ウーマン

太陽光発電が収益生む理由

ソーラーパネル

20年間の安定収益を確保

2011年の原発事故以降にクリーンエネルギーへの関心が高まったことを受け、国は太陽光発電への優遇措置を打ち出しています。その一環として電力会社に義務づけられた固定価格買取制度は、10kW以上の太陽光発電システムで作られた電気を20年間一定価格で買い取るというものです。固定価格買取制度の恩恵を受けるためには、大規模な太陽光発電システムの建設が必要となります。一般の個人がそのような発電システムを設置するのは困難ですが、多くの事業者が資金を募って各地に建設しています。それを区画ごとに販売したものが土地付き太陽光発電と呼ばれる商品で、分譲型と土地賃借型の2種類があります。購入者は販売店を通して太陽光発電事業に参加し、電力会社に買い取られる電気の代金を受け取ることができるのです。こうした土地付き太陽光発電の購入費用は決して安いとは言えませんが、20年間にわたって安定した収益が得られる点に大きな魅力があります。電気の需要は今後20年間も途絶えることはなく、その販売価格も固定されているため下落の恐れがありません。10%前後の高利回りが期待できるため、不動産投資のような目的する人が増えているのです。

盗難や災害に備える保険

土地付き太陽光発電を購入する際の注意点は、太陽光発電システムが設置されている土地が遠隔地にあるという点に関係しています。太陽光パネルやパワーコンディショナーなど、発電に関わる装置は定期的な点検と故障への対応が欠かせません。通常はそうしたメンテナンスも販売店側が実施してくれますので、購入者が直接タッチする必要もないものです。一方では台風などの災害で太陽光パネルが破損するなどの被害も予想されるため、定期的なメンテナンスだけでは不安だという人も少なくありません。太陽光パネルは近年の価格高騰が著しいことから、海外転売などを目的とする盗難被害も発生しています。多くの業者は防犯カメラや赤外線センサーなどを設置してセキュリティを強化していますが、盗難被害を完全に防ぐのは難しいのが現状です。そうした盗難や災害が発生した場合に補償が受けられる保険は、個人でなく販売店が加入する企業型保険です。保険に加入している販売店と契約することで、万が一のトラブル発生時にも補償が受けられるため安心できます。土地付き太陽光発電の販売店を選ぶ際には、盗難保険や自然災害保険に加入しているかどうかを確認するといいでしょう。