これで賃貸経営も安心|不動産投資セミナーで知識を盗め|将来を開拓しよう

不動産投資セミナーで知識を盗め|将来を開拓しよう

ウーマン

これで賃貸経営も安心

外観

アパート経営の仕組み

サブリースとは、物件の所有者と物件の管理会社の間で、その物件の貸借契約を結ぶものです。管理会社は、貸借契約によって実質的に自己所有物件と同様の管理を行うことになります。サブリースの貸借契約は一律ではありませんが、アパートであれば、通常は物件の所有者から一棟すべてを借り上げます。アパート経営では、最も大きなリスクが空室リスクです。空室リスクとは、空室の分の家賃が入ってこないために、その分の家賃を当てにしてアパート経営の収支見込みを立てている場合は、空室分が自己負担、つまりアパート経営としては赤字になってしまうことです。これは、借入をしている場合には返済が滞り、物件を売却することになってしまう可能性もあります。

有効なリスク回避手法です

この様なリスクを、サブリースによって事前に回避することができるのです。物件の所有者は、管理会社に対して一棟すべてを借り上げてもらえますが、その際には一定の家賃保証が付きます。つまり、入居者がいてもいなくても、物件の所有者には管理会社から一定の家賃収入分の金額が振り込まれるのです。これにより、サブリースによって保障される家賃額を基にして資金計画を立てることができ、アパート経営のリスクを大幅に低下させることができるのです。また、サブリースに伴って管理会社がアパート経営に積極的に関わってくれるメリットもあります。入居者募集や日常の管理、さらには緊急時の対応なども管理会社が行ってくれるため、時間面でも大きなメリットが生まれます。